It's "C" time!!

ちふむ めしはしかやが気ままにつぶやきます。

勝手に鉄道会社の将来予想 特別編【京浜東北線ワンマン運転化?】

 先日、気になるニュースが入ってきた。「京浜東北線ワンマン運転を検討している」というニュースだ。 

this.kiji.is

 車掌が乗務しないワンマン運転自体は東京メトロ副都心線東急目黒線都営大江戸線など、都市部の一部路線でも既に実施されているが、JR東日本が長編成で運行している路線のワンマン運転をするのは初めてのケースとなる。

 この話を聞いた時、私は驚いた。というのも「京浜東北線ワンマン運転とは無縁」だと思っていたからだ。利用客の多い混雑路線であり、踏切も多い。山手線や東海道線など他路線と並行している区間も多く、その分他路線のトラブルの影響を受けやすい路線ともいえる。ゆえにワンマン化するにはハードルが高い、と感じていたのだ。

 しかし「ハードルが高い」からこそ、JRはあえて京浜東北線を選んだのかもしれない。京浜東北線ワンマン運転に取り組む事で、都市部でのワンマン運転時の課題を見つけ、解決策を編み出す事ができる。京浜東北線ワンマン運転を実現できれば、他路線でのワンマン化にも弾みがつく。京浜東北線は特急列車が運転されておらず、他の鉄道会社の乗り入れもないので、その点では「実験」はしやすい路線なのかもしれない(他路線は一筋縄ではいかない。例えば、常磐線各駅停車は乗り入れしている東京メトロ小田急の車両もワンマン化に対応しなければならないし、武蔵野線は貨物列車や臨時列車も考慮しなければならない)。

 今後、都市部の路線のワンマン化は進むのだろうか?JRに関しては京浜東北線の成果次第だと思われるが、むしろJR以外の各社の方が、京浜東北線の成果によってはワンマン運転を拡大させるかもしれない。各会社の方針次第だが、東京メトロや東急は全線でホームドアの設置を進めており、既にワンマン運転を行っている路線も複数ある為、将来は全路線でワンマン化を進めるかもしれない。有楽町線東横線は特に可能性が高いのではないか。

 場合によっては、時間帯や列車種別、区間によるワンマン化の可能性もあり得る。京浜東北線の場合なら、「10時~16時の間ワンマン化」、「快速のみワンマン化」、「蒲田~大船間のみワンマン化」、など様々なパターンが想定できる。あるいは、「ワンマン化」といっても車掌が消えて運転士1人のみになるのではなく、一部の列車では駅員や社員等が車内を巡回する「アテンダント」のような役割に代わるのかもしれない。人件費の削減効果は薄くなるし人手不足の解消にはつながらないが、乗客へのサービスは低下せず緊急時の対応もカバーできるのではないだろうか。

 車両についても触れたい。先の報道によると、「2024年度に新型車両を投入する」模様だ。具体的な形式名は出ていない為、E235系・新形式のどちらの可能性も考えられる。自動運転装置が搭載される予定なので、運転台は従来の車両とは大きく異なってくるのではないか。E233系1000番台は転用が見込まれるが、205系・209系・211系が運用されている路線へ転用されるのだろう。82編成と編成数は多いので、単純に短編成化するだけでも多くの編成を転用できる。ただし、E217系の動向やE129系・E131系の増備にも左右されるのではないか。

 既に行われている路線もあるが、ワンマン運転が今後の都市部の路線の「標準」となるのか。京浜東北線での「実験結果」が今後を左右すると考えている。実験結果が出るのは2024年以降。JR東日本のような人気のある大企業が人手不足を心配する必要があるのかと思いつつも、本格的に結果が目に見えるまでの時間の長さを考えると、余裕がある今ここで先手を打つ必要があるのだろう、とも感じる。10年以上先を見据えたJRの戦略に今後も着目していきたい。

ネタ切れ(ネタがないとは言ってない)

 最近、ブログ更新がご無沙汰になっている。タイトルの通りだが、ネタ切れなのだ(ネタがないとは言ってない)。

 

 ネタはあるけれど、書くのに時間がかかっていて、ストックを使い果たしてしまったのだ。もう少しブログを書く時間を増やせばいいだろうけど、気分が乗らないとなかなか書けないので、結局効果が薄くなる気がする。もっとも、義務ではないので、今後も気が向いたら肩ひじ張らずにやっていこうと思います。

 

 

 

 誕生日に言う事じゃないな。

悩み。(5月に思ったこと)

 これだけこのブログでたくさん記事を書いていても、「これは書くべきだろうか?」という悩みは消えない。もしかしたら既に無意識に何かを傷付けているかもしれないけど、それでも「これは何かを傷付けてはいないか?」という悩みは消えない。

 

 日々いろいろな出来事が起きているが、それについて考えれば考える程、考えた事を話せなくなる。話す時間がなくなるし、話す勇気もなくなる。知れば知るほど、自分の持つ価値観や根拠が揺らいでいき、何が正しいのか分からなくなり、その結果何も話せなくなる。自分で話すよりも、他人の意見に乗っかった方が気持ちが楽になる。だから、最近はTwitterも自分で話すよりも、人のツイートに「いいね!」を押す方が多くなっている。

 

 もしかしたら、物事の本質を見抜いている人は(いるかどうかは分からないけど)、話す事よりも考える事を優先しているので、人前に出て自分の意見を話す事はあまりしないのかもしれない。現場にいる人は現場の過酷さゆえに、自分の意見を話す場に出てこられないかもしれない。本当に自分が知りたい情報を持っている人程、それを表明する場所に出てくるのは難しいのかもしれない。

 

 「自分の意見を世に問う」という事が難しくなっている。意見そのものに一種の正しさが求められている。自分は自分自身の考えに正しさや自身を持てないから、一旦自分の意見を世間に出して「俺はこう思っているんだけど、あなたはどう思う?」と問いたいが、既に世間では「答え」や「正解」が出ていて、俺の出番はないな、と思ってしまう。意見の正しさなんて、表明する時は分からないはずなのに、なぜか正しさを求められている。正しいかどうかがまだ分からない段階なのに、「それは間違っている」と断言する声もある。なぜなのだろうか。その根拠は何なのだろうか?その人の中では「正解」が見つかっているのだろうか。

 

 とりとめのない内容になってしまった。この記事も悩みながら書いた。それでも、書く事で悩みと向き合えると信じて書いている。それが将来の自分を切り開く道になると信じて書いている。

週末パスで行く、東日本旅行 2日目【旅行記】

 5月になり、旅行に出かけるには良い気候になったが、それとは裏腹に世間は旅行できるような状況ではない。そこで、過去の旅行記を書いて思い出を振り返り、旅行を擬似体験したい。

 

 1日目→https://chifumu-m.hatenablog.com/entry/2020/05/09/170000

 

 2017年6月11日。おはようございます。2日目の今日は前橋駅からスタート。まずは115系を撮影する。

f:id:chifumu_m:20200503171538j:plain

 115系に乗りたかったが、目的地とは反対方向の列車だったのでこれには乗車せず。高崎行きの列車に乗り、高崎からは上越新幹線で大宮へ。大宮で撮影後は上野東京ラインで川崎へ。

f:id:chifumu_m:20200503194937j:plain

f:id:chifumu_m:20200503194943j:plain

f:id:chifumu_m:20200503195115j:plain

f:id:chifumu_m:20200503195002j:plain

 川崎からはスタンプラリーを始める。

f:id:chifumu_m:20200503171549j:plain

 今回参加したのはアニメ「ハイスクール・フリート」のスタンプラリー。2016年に放送され、2020年に映画化もされた、横須賀を舞台にしたアニメだ。そんな「ハイスクール・フリート」とJR東日本がタイアップし、神奈川県内の8駅及び1か所に設置されたオリジナルスタンプを押印すれば素敵な商品や応募ハガキがもらえるスタンプラリーに今回参加する事にした。川崎駅でスタンプ台紙を入手し、早速スタンプを押した。

 今回は、以下の工程で各駅を巡った。(時間はうろ覚え)

 川崎10:24→10:32横浜(時刻不明)→磯子10:57→11:13大船11:20→11:46国府津12:00→12:13平塚12:19→12:33大船12:37→12:49逗子12:55→13:10衣笠→衣笠商店街→衣笠13:29→13:34横須賀

 時間はうろ覚えだが、10時20分頃に開始して13時40分頃に全て巡ったので、だいたい3時間半もかからずにコンプリートした事になる。おそらく最速ではないだろうか?それにしても、今思えば乗換時間が全体的に短くてタイトだなぁ…。

 1個目のスタンプを川崎で押した後は東海道線で横浜へ。横浜はデジタル時刻表があって驚いた。

f:id:chifumu_m:20200503202821j:plain

 横浜で2個目のスタンプを押し、3個目の磯子へ急ぐ。途中で横浜スタジアムも見えた。

f:id:chifumu_m:20200503171558j:plain

f:id:chifumu_m:20200503203147j:plain
f:id:chifumu_m:20200503171606j:plain

f:id:chifumu_m:20200503195010j:plain

 3個目の磯子の次は大船へ。大船は2回通ったが、1度目と2度目のどちらでスタンプを押したのか覚えていない。時間がありそうなのは1度目だったが、1度目は場所だけ把握し、スタンプを押したのは2度目だったような気もする。写真を撮ってないのが悔やまれる。とにかく次は快速アクティーに乗って国府津へ向かう。アクティーは湘南を快走していく。この区間での所要時間を短縮できたのが、結果として効率のよい工程につながったのかもしれない。

f:id:chifumu_m:20200503171610j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171614j:plain

f:id:chifumu_m:20200503203907j:plain

 スタンプを押した後は、乗る列車が国府津で増結する列車だったので、増結シーンを見物してから列車に乗り込む。平塚でもスタンプを押して、1本後の特別快速に乗る。

f:id:chifumu_m:20200503171619j:plain

 平塚から大船へ戻り、大船からは横須賀線に乗る。途中の逗子で7個目のスタンプを押し、8個目の衣笠商店街を目指して、衣笠から徒歩で移動する。

f:id:chifumu_m:20200503171621j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171626j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171631j:plain

f:id:chifumu_m:20200503204945j:plain

 スタンプラリーもあっという間に、最後の横須賀を残すのみになった。久里浜発逗子行きの列車に乗って、1駅隣の横須賀を目指す。横須賀に到着してすぐにスタンプを押して、これで全駅コンプリートしてスタンプラリーを終えた。

f:id:chifumu_m:20200503171641j:plain

 横須賀では「YYのりものフェスタ」が開催されており、自衛隊護衛艦など様々な乗り物が展示されていた。

f:id:chifumu_m:20200503171645j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171650j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171654j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171659j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171702j:plain

 その後JR横須賀駅から京急横須賀中央駅に移動し、横須賀中央駅前にある「さかくら総本家」も訪れた。ここの5階に「はいふりコミュニティスペース」があり(現在は新型コロナウイルスの影響で休館中)、はいふりファンにとっては「聖地」と言える場所だ。スタンプラリーに参加するに辺り、せっかくの機会に寄ろうと思ったのだ。

f:id:chifumu_m:20200503171707j:plain

 見学後は、京急から東急東横線と地下鉄に寄り道して、夜の東北新幹線で郡山に帰った。充実した1泊2日の旅行だった。スタンプラリーは初めて参加したが、なかなか効率よく回る事が出来て楽しかった。気軽に始められて、気軽にコンプリートできるスタンプラリーは、今後も機会があれば参加したい。

 最後に、旅の工程表を記しておく。ただし、うろ覚えかつダイヤ改正で時刻が修正されたものもあるので、覚えている範囲で記載する。

 

 前橋7:36→7:51高崎8:17(Maxたにがわ404号)→8:50大宮9:07→9:55品川10:02→10:11川崎10:24→10:32横浜(時刻不明)→磯子10:57→11:13大船11:20→11:46国府津12:00→12:13平塚12:19→12:33大船12:37→12:49逗子12:55→13:10衣笠→衣笠商店街→衣笠13:29→13:34横須賀…(徒歩)→横須賀中央→横浜→(東急東横線・地下鉄経由)→東京→郡山

週末パスで行く、東日本旅行 1日目【旅行記】

 5月になり、旅行に出かけるには良い気候になったが、残念ながら世間は旅行できるような状況ではない。そこで、過去の旅行記を書いて思い出を振り返り、旅行を擬似体験したい。

 

 2日目→https://chifumu-m.hatenablog.com/entry/2020/05/10/170000

 

 2017年6月。当時福島県に住んでいた私は、JR東日本の「週末パス」を使って1泊2日で新潟・長野・高崎を経由した東日本旅行を思いついた。ちょうどスタンプラリーも開催されていたので、それにも参加しようと思った。

f:id:chifumu_m:20200503171435j:plain

 2017年6月10日。1日目。今回のスタートは郡山駅から。まずは磐越西線会津若松を経由して、新潟へ向かう。折しも3月のダイヤ改正磐越西線での運用を開始したばかりのE721系に乗りこみ、旅が始まった。

f:id:chifumu_m:20200503171411j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171429j:plain

 会津若松で新津行きのディーゼルカーに乗り換える。新潟のキハ40系列に乗車したのは、この時が最後になってしまった。乗れるうちに乗って良かった。

f:id:chifumu_m:20200503172929j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171416j:plain

 列車は阿賀野川に沿って進んでいく。途中で「SLばんえつ物語」号とすれ違う。

f:id:chifumu_m:20200503171420j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171449j:plain

 新津からは新潟行きの列車に乗って、新潟へ向かう。新潟駅は高架化工事の真っ最中で、ホームも車両も新旧の共演が見られた。

f:id:chifumu_m:20200503171423j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171438j:plain

 新潟から長岡まではE4系「Max」に乗車し、長岡へ向かう。2階席に座り、Maxならではの景色を味わう。長岡で昼食を取り、現美新幹線を見送って、普通列車と特急「しらゆき」を乗り継いで直江津へ向かう。

f:id:chifumu_m:20200503171443j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171448j:plain

 直江津ではいろいろな車両が停車しており、カラフルだった。鉄道会社が変わっても、やってくる列車が変わっても、車両の豊かさや彩りは変わらず、交通の要衝の役割は今も続いているんだと感じた。 

f:id:chifumu_m:20200503171456j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171457j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171509j:plain

 えちごトキめき鉄道上越妙高まで南下し、北陸新幹線に乗り換える。次の目的地の上田までは40分足らず。新幹線の速さを改めて実感する。 

f:id:chifumu_m:20200503171504j:plain

 上田で上田電鉄に乗り換え、新旧の「まるまどりーむ号」を乗り比べした。週末パスはJR線だけでなく、えちごトキめき鉄道上田電鉄しなの鉄道など、一部の私鉄に乗る事もできる。長野県を訪れる際にはぜひオススメしたいおトクなきっぷだ。 

f:id:chifumu_m:20200503171510j:plain

f:id:chifumu_m:20200503171520j:plain
f:id:chifumu_m:20200503181458j:plain
f:id:chifumu_m:20200503171516j:plain

f:id:chifumu_m:20200503181518j:plain

 上田に戻り、今度はしなの鉄道で東へ。小諸で撮影して、終点の軽井沢で北陸新幹線へ乗り換え。日没が遅い為、遅い時間まで景色を楽しめた。 

f:id:chifumu_m:20200503171519j:plain
f:id:chifumu_m:20200503180004j:plain
f:id:chifumu_m:20200503171528j:plain

 北陸新幹線で関東に入り、高崎からは両毛線で前橋へ。今日はここで宿泊した。ホテルでは久しぶりに「出没!アド街ック天国」を視聴して眠りについた。

f:id:chifumu_m:20200503180026j:plain

f:id:chifumu_m:20200503180043j:plain

 

 最後に、旅の工程表を記しておく。ただし、うろ覚えだったりダイヤ改正で時刻が修正されたものもあったりするので、覚えている範囲で記載する。

 

 郡山6:52→8:08会津若松8:14→11:33新津11:36→11:55新潟12:19(Maxとき320号)→12:42長岡13:32→14:17柏崎14:22(しらゆき6号)→14:49直江津15:11→15:27上越妙高15:53(はくたか568号)→16:30上田→(上田電鉄 時刻不明)→上田17:27→17:47小諸18:07→18:32軽井沢18:54(はくたか572号)→19:10高崎19:22→19:37前橋

日常シーンの実況中継 1R「起床」

実「みなさん、おはようございます。日常シーンの実況中継の時間がやってまいりました。実況です。」

解「おはようございます。解説です。今日もよろしくお願いします。」

レ「おはようございます。レポーターです。今日も現場から報告致します。」

実「さて、今回の実況中継は『起床』です。あるおじさんの起床を実況中継していきたいと思います。解説さん、起床はどこが重要なポイントでしょうか。」

解「そうですね。起床は一日の生活を始める重要な場面です。その一方で、気持ちよく寝ていたい人にとっては一番つらい所とも言えます。起床がうまくいかないと後に響いてしまうだけに、ここをいかに短く乗り切るか、目覚まし時計にどう反応するのかが重要なポイントとなるでしょう。」

実「なるほど。そこが重要ポイントなのですね。分かりました。」

レ「レポーターです。現在室温は20℃。湿度は55%で、現在の時刻は5時29分。目覚ましのアラームは5時30分ちょうどにセットされている模様です。あと、今日の日の出は6時6分ですが、現在の天候は曇りです。」

実「分かりました。日ざしがないなかでの起床となりそうですね。もうすぐ5時30分です。実況中継『起床』、まもなくスタートです。」

 

 ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、……

  

実「スタートしました。まずは目覚まし時計が部屋に鳴り響きます!さぁこれに対しておじさんはどう対応していくのか。」

解「まずまずの出だしです。おじさんは仰向けで寝ていますね。」

実「ここでおじさんの右手が動く。そして目覚まし時計に手が届きます。目覚まし時計、どう対応するか。止めた!止めました!!スタートからわずか12秒で、目覚まし時計のアラームが止まりました!!」

解「これは意外ですね。もう少し時間がかかると予想していましたが。」

実「一方の目覚まし時計、どうすることもできません!!じっくりと次の機会をうかがっています!」

解「しかし、おじさんも起きる気配がありませんね。」

実「おっと?おじさんサイドもまた寝てしまいました。どうやらここで起きるつもりはない模様。二度寝に突入します!!」

レ「実況さん、解説さん。」

実「はい、レポーターさん、何かありましたか?」

レ「はい、先に起床している奥様にお話を伺った所、昨日は帰りの電車が遅れてしまったため帰宅と就寝が約30分いつもより遅かったそうで、いつもはすぐに目覚める、とのことでした。」

実「なるほど。普段から二度寝するタイプではない、と。」

レ「いつもより睡眠時間が取れていないので、少しでも眠ろうとしている可能性が高いようですね。あと、目覚まし時計にはスヌーズ機能がついていて、約5分後に再び鳴る予定のようです。」

実「分かりました。何かありましたらまた伝えて下さい。」

解「もうすぐその5分が経ちますよ。」

実「おっと、ここでその目覚まし時計が鳴り始めました。ピッ、ピッ、ピッ、ピピッ、ピピっ、ピピピッ、と少しずつせかすように鳴らしていきます。これにおじさんはどう立ち向かうか。おっと、右手を伸ばす。伸ばす。伸ばして目覚まし時計を手にとりました。さて、これを…押した!押した!ボタンを押しました!!絶体絶命の目覚まし時計!どうすることもできない!止まった!止まった!!おじさんが!目覚まし時計の!アラームを止めましたー!!」

解「おじさんがモソモソ動き始めましたよ!」

実「おじさんの体が動く!動く!動く!起き上がりましたー!!ベッドから出て、一回大あくび!!体が完全に立ち上がった!!カーテンを開けた!!日ざしはまだ出ていない!!おじさん、日の出前の5時38分に無事『起床』に成功しましたー!!」

解「やりましたね!」

実「さぁ、おじさん、起床後の「朝食」に向かいます。ダイニングキッチンまでの道のりはさながら歓喜ウイニングラン!!奥様は笑顔で…おっと、出迎えません。」

解「少し不機嫌な顔をしていますね。」

レ「実況さん、解説さん、レポーターです。奥様によると、おじさんは昨晩リビングのエアコンを付けたまま寝てしまったようです!」

解「ああ、どうやら電気代の無駄使いに怒っているのですね。」

実「そのようです。朝から小言を言う奥さん!言われてしょんぼりのおじさん!痛恨のミスをしてしまいました!!」

解「昔、ぼくも一度やらかしてしまいました。小さなミスですが、嫌な失敗でしたね。」

実「そうですね。次回からは気を付けていただきたいところ。」

レ「放送席、放送席、レポーターです。それではおじさんとその奥様のインタビューを始めます。まずはおじさんの方からお聞きします。今日はどんな起床でしたでしょうか?」

お「そうですね。最初起きた時にいつもより眠気が強かったので、思わず二度寝してちょっとヤバいなと思ってしまいましたが、その後の2回目のアラームできっちり起きることができました。」

レ「次に奥様にお聞きします。今日はどんな感じで旦那さんの起床を待っていたのでしょうか?」

奥「そうですね…。いつもより遅いなとは思っていましたが、まだ時間に余裕はあったので焦らずに朝ごはんの準備をしていました。あとエアコンの無駄使いを注意しようと思っていたので少しだけイラついていました。今はホッとしています。」

レ「最後にお二人から皆さんに、メッセージを一言お願いします。」

お「そうですね。今日は自分にとっては初めての起床の実況中継で二度寝もありましたが、無事に起きることができました。これからも応援よろしくお願いします!」

奥「まだまだ至らない所もある夫と私ですが、これからも夫婦二人三脚でやっていきますので応援よろしくお願いします!」

レ「ありがとうございました!以上、インタビューでした!!」

実「さて、今回の『起床」を振り返りますが、解説さん、どうだったでしょう?」

解「そうですね。1回目の目覚まし時計のアラームを止めた後でおじさんが二度寝した時は驚きましたが、その後2回目のアラームできっちり起きることができたのは収穫だったと思います。ですがエアコンを消し忘れたことで歓喜のゴールから一転して、後味の悪い結末になってしまいましたね。ただ、エアコンの消し忘れこそありましたがちゃんと2回目のアラームで起きることができたので、今回はまずまずの起床だったと思います。」

実「そうですか。ありがとうございました。さて『起床』の実況中継も終わりの時間が近づいてきたようです。ここまでのお相手は私、実況と、」

解「解説、」

レ「レポーターでお送りしました。」

実「この後は5時45分に歌番組の後、6時からはニュースです。それではまた次回お会いしましょう。さようなら!!」

こんなテツ、ドウですか?(設定集)

 今回は小説の設定集。続くかどうか、というかそもそもストーリーを始めるかどうかすら分かりません。でも、思いついたのでここに書きます。

 

 概要:大学の鉄道研究部に入った少女が同級生や先輩達と繰り広げるコメディー。

 

①田町あまぎ…食いしん坊鉄(1年)

 

 主人公。鉄道と食事をこよなく愛する食いしん坊少女。旅行する時は必ず駅そばを食べるか、駅弁を食べている。大好物は牛タン弁当と我孫子駅の唐揚げ。

 

 好きな路線…常磐線我孫子駅を通る為)

 好きな車両…E231系E531系・E233系2000番台常磐線を走る為)

 

②小牛田みのり…寝鉄(1年)

 

 鉄道と寝るのが大好きなマイペース少女。彼女曰く「揺れ心地が気持ちよくて眠気を誘う」との事。車窓を眺めずに寝ていいのか悩んでいるが、寝台列車はそんな事を気にしなくてもいい為大好き。

 

 好きな路線・列車…地下鉄・寝台列車全般(景色を見なくても良い為)

 好きな車両…285系寝台特急電車だから)

 

③小山いろは…Youtuber鉄(1年)

 

 鉄道と動画投稿が趣味の少女。鉄道の魅力を伝えたいと思い、旅行時は常に動画を撮影して後日投稿している。動画で話題になりそうな面白い列車を好んでいる。

 

 好きな路線…景色が綺麗な路線(五能線など)

 好きな車両…HB-E300系、西武001系「Laview」など窓が大きい車両全般(撮影しやすい為)

 

土崎いなほ…模型&音楽鑑賞鉄(2年)

 

 鉄道好きだが鉄道にはあまり乗らない少女。鉄道研究部副部長。「列車に乗っていると大好きな列車を外から眺める事ができない為」というのが理由。好きな車両をいつでも眺める事が出来る様、自宅には鉄道模型を大量に飾っている。模型を走らせる為に遠くへドライブもするが、その時はいつも鉄道に関連した音楽をかけている。

 

 好きな路線…地元の路線

 好きな車両…地元の車両

 

 

⑤大井サフィール…リッチ鉄(3年)

 

 鉄道とお金が大好きな少女。鉄道研究部会計・書記。家がお金持ちの為、家族で様々な豪華列車に乗ってきた。「四季島」「サフィール踊り子」に乗ることが目標。口癖は「今日も〇〇線に課金した」。

 

 好きな路線…北総線東葉高速鉄道(運賃が高い為)

 好きな車両…豪華列車全般(一番好きなのはスーパービュー踊り子

 

 

⑥長町あおば…お絵描き鉄(3年)

 

 鉄道とお絵かきが大好きな少女。鉄道研究部部長。車両のイラストや擬人化、架空鉄道のロゴマークなど様々な絵を描いている。鉄道研究部のロゴマークと部誌のデザインも手掛けている。

 

 好きな路線…グッドデザイン賞受賞車両が走っている路線

 好きな車両…グッドデザイン賞受賞車両・JR九州の車両

  

 最後に、タイトルを。

 

 こんなテツ、ドウですか?